2017年度夏期講習リスニング講座 復習用ページ(第5日目)

  • HOME »
  • 2017年度夏期講習リスニング講座 復習用ページ(第5日目)


夏期講習のセンター英語のリスニング講座の第5日目の復習用のページです。

英語の台本の緑の部分にスマートフォン上などでタッチすると、元の英語が現れます。ディクテーションまたは、シャードーイングの問題としてお使いください。(緑のマスクを元に戻したいときはブラウザーの再読み込み[更新]ボタン[]やパソコンのF5キーを押すとまた英語が隠れます。)


  
  

 

  

Lecture 5

p.50

 

 There are many kinds of collections and reasons why people build them. People enjoy spending time and money gathering, organizing, and displaying almost anything. A serious collector can even have a career as a respected expert.
Some people love certain musicians, movies, or TV programs so much that they must have any items associated with them. Collectors meet other fans, trade information online, and compete to see who has the biggest and best collection.
Other people may start a collection by accident. For example, suppose a friend gives you a toy whale souvenir and you keep it on your desk. Then, your mother notices it and gives you an umbrella with a whale design. Your collection continues to grow by itself as others give you similar gifts. It may take over your home if you aren’t careful!
Collecting may also have a deeper meaning. Some researchers believe it begins with childhood psychological needs. They say we all experienced uncertainty as children or wanted things we could not have, so collecting may give us a greater sense of control over our lives. Whatever the motivation may be, collecting is a satisfying and enjoyable hobby for many people.

正解: (1) (2) (3)  
 モノ集めの種類とその理由はたくさんある。ほぼすべてのモノについて,時間とお金を費やして収集・整理・展示することを楽しむ人がいる。本格的な収集家は有名な専門家として食べていくことさえできる。
特定の音楽家や映画やテレビ番組にほれ込み,関連のあるモノなら何でも集めようとする人がいる。収集家同士で会ったり,ネットで情報を追いかけたり,また誰が最大・最良の収蔵品を持っているかを競い合ったりしている。
モノ集めのきっかけが偶然だった人もいる。例えば,友人からおもちゃのクジラのお土産をもらい,それを机の上に飾るとしよう。その後,あなたの母親がそれに気づき,あなたにクジラ柄の傘をくれる。ほかの人が同じような贈り物をくれることで,あなたの収蔵品は勝手に増え続ける。気をつけないと家中を占領されるだろう!
モノ集めがより深い意味を持つこともある。一部の研究者は,モノ集めは幼少期の心理的な欲求によって始まると考えている。彼らは,私たちはみな子供時代に不安を経験したり所有できないモノを欲しがったりしているので,モノ集めは自分の人生を自らが支配しているというすばらしい感覚をもたらすのだろうと言う。動機が何であれ,モノ集めは多くの人にとって満足を得られる楽しい趣味である。

P.52

 

 These days many drivers rely on GPS, which is a satellite navigation system. GPS is helpful because it is safer to listen to a computer-generated voice giving directions than it is to look at a map while driving. Also, in extreme situations such as when hikers get lost in the wilderness, GPS units can even save lives. However, using GPS without thinking may lead to accidents. Sometimes, when people turn on a GPS, they turn off their common sense and stop paying attention to actual road conditions.
Researchers wonder if over-reliance on GPS directions may affect the way some users’ brains function. The part of the brain where people store maps of their surroundings may change. This area of the brain remembers how to get from one place to another. Some scientists are afraid that this part might shrink and people may lose their natural navigational sense if they depend on GPS too much. This part of the brain also plays a role in storing memories. If it shrinks because people use it less often, they may experience memory loss when they get older.
Despite these questions, GPS has many benefits. It can save time and money while adding convenience to your life.

正解: (1) (2) (3)
 このごろは多くの運転手がGPS,すなわち衛星測位システムを頼りにしている。GPSが役に立つのは,運転中に地図を見るよりも道案内をしてくれるコンピュータ音声を聞くほうが安全だからである。また,徒歩旅行者が荒野で道に迷った場合のような極限状況においても,GPS装置は命を救うことさえ可能である。しかしながら,GPSを安易に使うことは事故につながる可能性がある。時として,人々はGPSを起動させると,常識を失って実際の道路状況に注意を払うのをやめてしまう。
研究者たちは,GPSの指示への過度の依存が利用者の脳機能の一部に影響を与える可能性があるのではないかと考えている。身のまわりの地図を蓄える脳の一部が変化するかもしれない。脳のこの領域はある場所から別の場所へ移動する方法を記憶している。GPSに頼りすぎると(脳の)この部分が萎縮して人々が生来の方向感覚を失うかもしれないと懸念する科学者たちもいる。脳のこの部分は記憶を蓄える役割も果たしている。もしも使用頻度が低いせいでそれ(脳の記憶領域)が萎縮してしまったら,年を取ったときに記憶障害が起こるかもしれない。
これらの問題(懸念)にもかかわらず,GPSには多くの利点がある。時間とお金の節約になるうえ,生活に利便性を加えることができるのである。

p.54

 

 Helen Keller, admired for her work on behalf of people with disabilities, visited Japan three times. She was unable to see or hear, but she was impressed with the kindness of the Japanese people and developed an appreciation of Japan and its culture.
She first came to Japan in 1937, when she was invited by the Japanese government to make a lecture tour throughout the country. While she was here, she was moved by the story about the faithful Akita dog, Hachiko, and wondered if she could have such a dog. Ichiro Ogasawara, a police officer in Akita City, kindly gave her one of his own puppies. She named this dog Kami.
She took Kami home with her, which made Kami the first Akita dog to go to the United States. In a letter to a friend, she called Kami an “angel in fur” and said that he was especially gentle and devoted. She loved this dog so much that she asked for another Akita dog, which was sent to her in 1939. This dog was Kami’s brother, and she called him Go-Go. Helen Keller’s dogs received a lot of attention in the United States, which helped to introduce Akita dogs as popular pets for Americans.

正解: (1) (2) (3)  
 障害をもつ人のために働いたことで称賛されているヘレン・ケラーは,3度日本を訪れた。彼女は目が見えず,耳が聞こえなかったが,日本人の優しさに感銘を受け,日本とその文化への理解を深めた。
彼女は1937年に初めて日本に来たが,その時は日本中を講演して回るために日本政府から招待されたのであった。滞在中,破女は忠実な秋田犬,ハチ公についての話に感動し,自分もそのような犬を飼えないだろうかと考えた。秋田市の警察官であった小笠原一郎は,親切にも自分が飼っている子犬の1匹を彼女に贈った。彼女はこの犬をカミと名けけた。
彼女がカミを連れて帰国したことで,カミはアメリカ合衆国に渡った最初の秋田犬となった。友人に宛てた手紙の中で,彼女はカミを「毛皮に包まれた天使」と呼び,この犬は特に優しく献身的だと書き記していた。彼女はこの犬をたいへん愛するがあまり,もう1匹欲しいとお願いしたことで,1939年にそれは彼女のもとに届けられた。この犬はカミの兄弟で,彼女はその犬をゴーゴーと呼んだ。ヘレン・ケラーの犬はアメリカでたくさんの注目を集めたので,秋田犬をアメリカ人にとって人気のペットとして広めるのに一役買ったのであった。

PAGETOP