教室長のつぶやき

  • HOME »
  • 教室長のつぶやき

教室長のつぶやき

2020/7/10

共通テストまで200日を切り,いよいよ本当の勝負です。
この1ヶ月,計画性の話をし続けました。
そして,努力した分だけ必ず成績は上がることも。

勝負はその成績が「いつ上がるか」です。
そのためには,成績が「上がる」のを待つのではなく,成績を「上げる」姿勢です。
この夏,攻める!
ZUP香椎の合言葉です。

 

2020/6/25

大学受験をする意味を考えなさい。
私が授業中に生徒に投げかける口癖です。
大学受験は,全員ができるものではありません。
高校の進学率は98.8%。
一方で,大学は54%程度。
大学を目指せる環境があることは本当にありがたいことです。
ただ,日々忙しく過ごしているとそのことを忘れてしまい,惰性のような毎日になってしまいます。
だから,常に問いかけてほしい。
「なぜ自分は大学受験をするのか」
この環境を与えてくれている周りの人への感謝を絶対に忘れてはなりません。

 

2020/5/8

昨日高3の二次英語がありました。

受講している生徒はわかると思いますが,内容の濃さに圧倒されていると思います。

大学受験の二次レベルを肌で感じることは勉強する上でとても大切です。
なぜなら「ゴール感」がわかるから。
毎日している勉強がどこに繋がっているのかを理解して勉強することで効果はグッと上がります。

「今から走れ」と言われて全力でスタートする人はいません。
いつまで,どこまで走ればいいかわからないから。
でも,「ここまで走れ」と言われれば一歩目から全力で走れます。
それが「ゴール感」があることの利点です。

受験勉強にはいろいろな考え方が必要です。
日々の授業の中にそのヒントがたくさん隠れています。

昨日の授業では「頭を使おう」という話をしましたね。
覚えているかどうかだけの勉強ではなく,う~ん…と悩みながら1つ1つの問題に取り組んでください。

ここのコラムも少し自粛気味でしたが,少しずつ更新頻度をあげていきます。
何かしらの「コトバ」が誰かの心に引っかかることを信じて。

 

2020/5/6

GW休暇も今日が最終日です。
明日からは前期授業が再開されますが,すでにお知らせの通り,しばらくはオンライン授業を継続します。
早くみなさんと教室で再会をしたかったのですが,現状では安全を最優先です。
休校期間も長くなり,いろんな不安もあると思います。
しかし今は,今できることを精一杯やること。
そして戻ってくる通常に備えるしかありません。
明日からオンラインで授業が再開します。
今まで以上の授業準備をして,みなさんとの時間を大切に過ごしたいと思います。

 

2020/4/18

オンラインでの配信が始まって数日が経ちました。
最初は緊張しながらの配信でしたが,画面を通してみんなの笑顔を見ていると勇気をもらえます。
講師陣も教科の垣根を越えて,もっと良い内容にするには??を話し合っています。
いつまで続くかわからないこの状況を少しでも良いものを提供しながら乗り越えていきます。
みなさんとまた校舎で会える日を楽しみにしながら,1回1回の配信を大切にしていきます!

 

2020/3/25

新型コロナ影響対策として,ZUPでは,可能な限りの対応を続けています。
教室内の換気。昼間は,原則窓は開け,風通しを良くしています。夕方以降は30分毎に換気。
消毒。校舎入口,各教室入口に消毒液を設置。また,人が触りやすいところの消毒をしています。
職員,非常勤,バイト。海外渡航歴を管理し,渡航歴があれば帰国後2週間の出勤停止。
国内でも,関東や関西,感染拡大地域に行く際は,事前申請をしてもらい対応しています。

みなさんが安心して学習できる環境を整えていきます。

 

2020/2/21

 

今年も続々合格の喜びが届いています。
一人一人の夢がこういう風に実現していくこの時期は本当に報われます。
明日は,福岡大学の発表もあります。
ここにまたズラッと並ぶことでしょう。
写真は,合格者が出た大学,学部を掲示している様子です。
当然,1つの学部に何名も合格してくれていますので,人数がこれだけ…というわけでは
ないですよ!
いよいよ国公立の前期試験まであと3日!
ここにさらに多くの大学が並ぶことでしょう!

 

 

2020/2/18

今日の授業で高3二次試験対策はすべて終了しました。
本番までの1週間は,とにかく添削,添削,添削…
個別に呼んでの指導になります。
本番で最大限の力を出すための「詰めの1週間」になります。
二次試験の勉強は,「自分でなんとなく」では絶対にできない勉強。
ライバルたちに決定的な差をつけるべく,全力でみなさんをサポートしていきます!

 

2020/2/11

今日は九州大学伊都キャンパスにて「九大ファイナル」を実施しています。
朝早くから行くだけでも大変だったと思います。

でも,本番前に,実際の試験会場に足を運び,そこで試験を受ける意義は大きいはず。
この経験は,今後必ず活きるはずです!!

 

2020/2/10

昨日,物理・化学の体験授業会がありました。
授業前にも話をしましたが,物理や化学のような科目の授業が始まると高3が始まった!という気分になります。
講座選びの参考にしてください。

講座選びと言えば…
やっぱり迷いますね…
基本的には,やらない理由を考えるよりかは,どうやったらやれるかを考えるほうが前進します。

あとはバランス。
受講すると予習がかさむ。
でも取ると必ず週にそれを勉強する時間が生まれる,取らないとそれを自分でしなきゃいけない。

いろんなことを考えて最善の時間割を作りましょう!
いつでも相談に乗りますよ!!

 

2020/2/4

2/2(日)に新高3大学入試説明会を実施しました。
100名近い方々にご参加いただきました。ありがとうございます!
今年は「日本史」もZUP香椎のラインナップに加わり,今まで以上に充実した講座設定になりました。
今話題のatama+,東大・京大生にも質問ができるmanabo読む蔵現代文・古文など集団授業以外も充実。
とにかく懸命に勉強したいみなさんの期待に応えるものが数多く揃っています。
春には,「高3春期合宿」もあります。
もう,勉強するしかないですね!

 

2020/1/29

「新高3大学入試説明会」が近づいてきました。
すでに80名以上の方からお申し込みをいただきました。
ありがとうございます!
入試制度に大きな変化がある現高2は,やはり入試への関心も例年より高いようです。
自習室にも高2が多く通ってくれています。
「勉強する」という雰囲気が全体に漂ってくれば,これからのキツイ時期もがんばれる!
受験は,個人戦でもあり団体戦でもあります

 

2020/1/27

昨日,「新高2大学入試説明会」を実施しました。
多くの生徒,保護者に来ていただき本当にありがとうございました。
難しい話もたくさんありましたが,その情報を持っているかどうかでは大違い!
これからの進むべき道,持つべき考え方がわかっていただけたと思います。

最後にも少し話をしましたが,我々の望みは1つ。
「勉強する集団」になってほしい。
大学入試は「夢」でも「目標」でもありません。
必ず自分たちの前に現れる「現実」なのです。
そこから絶対に目を背けてはなりません。

 

2020/1/19

センター試験の激励に行ってきました。
もっとガチガチに緊張しているかと思っていましたが,意外にリラックスしていて頼もしく感じました。
明日は,午前中から校舎でみなさんの自己採点結果を待っています!!

 

 

 

 

 

2020/1/17

いよいよ明日はセンター試験です。
春期合宿,通常講座,夏期講習,夏期合宿,秋期特別講座,冬期講習,センターファイナル,センターフォロー…
数々の授業,イベントを通して自信をつけてきた君たちは,きっと実力を発揮できます!
明日の問題も必ず授業の中で触れたもの。
冷静に先生たちの言葉を思い出し,解答の糸口を見つけてください。
「センター試験本番は,過去最高点が出ます!」

 

2020/1/11

センター試験まで残り1週間。
お昼を過ぎたところですが,今日もすでに多くの講座生が自習で来ています。
高3生の顔には,当然緊張感が漂い,期待と不安で落ち着かないかもしれません。
でも,そんなときにこうやって通える場所がある。
ここに来れば,そんな中でもがんばっている仲間がいる。
きっと励まされることでしょう。
塾に通うというのは,ただ授業を受けるだけでなく,みなさんが勉強するあらゆる環境があるということでもあります。
みんなのことをよくわかっている先生たちもいます。
最高の状態で本番当日を迎えられるよう全力でサポートしていきますね。

 

2020/1/5

明けましておめでとうございます!
今年も初日から校舎の熱気がすごい!
高3はそうでしょうが,高1・高2も多くの生徒が授業,自習で校舎に足を運んでくれています。
特に,高2は受験生としての意識が完全に芽生えたようで,授業をしていても「教えてくれオーラ」がすごいです。
受験まであと1年。だけど,ここからスタートできれば,志望校合格は夢ではなく現実のものになるはずです。
高3の受験に向けたサポートをしながら,高1,高2もしっかりと育てよう,そう決意できる2020年のスタートになりました。

 

2019/12/30

年内最後の更新です。
今年はどんな1年でしたか?
もちろん高3が受験間近ですから,正月はもうちょっと先ですかね。

高2は,入試改革に振り回されました。
しかし,大筋,方向性は見えましたので,これまで取り組んできたことをその方向に合わせる勉強が始まります。
ZUPでは,ここまでリスニングに多くの時間を割いてきましたが,これは高3になったとき必ず英語力の土台になります。

高1は,とにかく1日でも1分でも早く受験生になろう,ということを語りかけてきました。
成績を上げたい,志望校に合格したい。
どんな目標であってもそこに「本気」の気持ちがないと実現しません。
高校生が本気になる。それは受験生の気持ちになるということだと思います。

京都府立大学の問題でこういう文があります。
A genuinely happy person knows that life is nothing more than a constant series of present moments to be experienced, one right after another. He sees the past for what it was able to teach him about how to live more in the now and the future as more present moments to be experienced when they eventually arrive.

未来は,現在の積み重ねにすぎません。
未来を充実させたければ,現在が充実していなければなりません。
何もしていないのに,ある日突然成績が上がることはない。
毎日が充実し,幸せであれば,必ず未来は充実し,幸せなはずです。
勉強もそれと一緒。
今日は,必ず明日に繋がります。

 

2019/12/21

今日,香椎本部の中3激励会に参加しました。
このページの紹介もしましたが,読んでくれているかなぁ…
入試直前のこの時期は,どんどん不安が大きくなっていくもの。
でも,それを無理して払しょくする必要はありません。
なぜ不安になるのか?
それは,ちゃんと勉強をしているから。
勉強していない人は,そもそも不安にはなりません。

例えば,来年のオリンピックに出れるかみなさんは不安ですか?
そんなことないですよね?
だって,出場を目指しているわけでもないし,それに向けた練習をしているわけでもない。
(目指している人が読んでたらごめんなさい)

みなさんは,ちゃんと勉強しているから不安になるんです。
でも,本当のトップアスリートは,よく「楽しむ」って言いますよね。
そう,不安の先には楽しみがあるのです。
不安でも毎日それと向き合ってやるべきことをやる。
そしたら,結果は試験でしかでないんだから,試験が楽しみになる。

ここまでたどり着いたら「合格確定」でしょうね。

 

2019/12/20

大器晩成。
自分はいつももったいないなぁと思いながら聞く言葉です。
能力はあったのだから,もっと早くに花開くようなことができなかったのか?
と変な疑問を持ってしまいます。

受験生に置き換えるなら,いつA判定,B判定を出すか。
最後の最後に出るよりも,もっと早くに,例えば,6月の模試で出ていれば,その後の勉強は楽なはず。
1回でも早く,1日でも早く,目指す結果を出そうと考え,そういった行動を取ることも大事だと思います。

 

2019/12/17

さらに合格追加です!
福岡教育大
北九州市立大

いよいよ明日から冬期講習順次スタート!
授業がない今日も,自習室は満席でした!
冬期講習に懸ける意気込みをヒシヒシと感じました。
講師も授業準備万端!
明日から熱気溢れる日々が始まります!!

 

2019/12/11

今年も続々と合格の知らせが届いています。
防衛医科大・医医1次(九州高校)
長崎大・医保(香椎高校)
同志社大(福岡高校)
青山学院大(大濠高校)
西南学院大(香住丘高校)
福岡大・薬(香住丘高校)
福岡大・看(香椎高校・西南学院高校)

様々な高校の生徒が通うZUP香椎本校から,様々な大学・学部へと合格してくれています。
これをライブ授業で実現しているのがZUPです!

 

2019/12/10

「今日は一日何もしなくていいよ」と言われたらどうしますか?
最初は,好きなことをして過ごすかもしれません。
でも,だんだんソワソワして,結局勉強し始めるでしょう。

これが意味していることはわかりますか?
自分の目標から逆算して,今週やるべきことが決まっていて,そしてそれが終わっている
そうすれば,ソワソワすることなく,思いっきり休めるでしょう。
でも,毎日が行き当たりばったりの人は,最初は休むけど,やらなきゃいけないことを思い出して…。

スポーツ選手だって毎日は練習しません。
体が壊れてしまうから。

これも計画性ですよね。
目標が決まっていて,そのために必要なことはこれとこれ。
だから,今週はこれをして,今日はこれをして…

仕事にしても勉強にしても,先延ばし,行き当たりばったりで良いことはひとつもありません
ちゃんと定量が決まっていて,それを計画通りに遂行する。
そしたら,休める日は休めるはずです!

 

2019/12/9

入試制度改革が国会でも論点となり,不透明さが増していますね。
英語の外部検定は,国立82校中80校がほぼ不要となりました。
国語と数学も記述がなくなる可能性が高まっています。

でも,ちょっと待って!
こういう話を聞くと,すぐに飛躍して「変わらないならそんなに勉強しなくても…」と論点のズレる人がいます。
共通テストである以上は,センターよりも1割低い平均点目標が設定されていることは変わりません。
それに,今のセンター試験だって,きっちり勉強しないと点数は簡単に取れるものではありません

要は,自分が勉強をしない理由ばかりを考えて,なんとか楽をしようとしているだけ。
冬は,楽しい行事が目白押し。
だから,意識的にしないと勉強からドンドン離れてしまうもの。
逆に意識的に勉強するとドンドン差をつけられる,そんな時期が冬期講習です。

 

2019/12/7

先生たちはよく「~を完成させろ」「~を仕上げろ」って言います。
でも,それを聞いている生徒たちは意外と「何をもって仕上がった」というのかわからないようです。
どの単元の何をどうできるようになれば仕上がった,完成したと言えるのか。
スポーツ選手が,「金メダルを取ります!」と宣言するのは,仕上がった状態を明確にするためだと思っています。
そのためには,これとこれをいつまでに,このときにはこの状態に,という明確な目標が必要になります。
そして,その計画に沿って練習を重ねていくから力がつくんだと思います。

冬の高1英文法は,そういった意味では完成の基準が明確です。
文法は,やればやるほど知らないことが出てきて果てしないもの。
一番勉強しているのに,いつまでもしなければいけない代表選手。
だから,「入試に頻出で,これができれば入試に必要な文法が無理なく解ける」600問に絞りました。
そう,この600問が理解できれば,文法は「完成した」と言えるはずです。
ちなみに,600問あるから600種類の文法があるわけではありません
「頻出」ですから,同じ知識の問題が相当数あります。
繰り返し同じことが問われていることがわかるのも「完成」の1つです。
これができるようになれば,あとはちょこちょこ出てくる項目を,その都度ちょこちょこ理解していけばOKです。

 

2019/12/6

ライバルに差をつけたい,その気持ちは誰もがもつもの。
だから,毎日必死に勉強します。
だけど,周りも必死に勉強しているから,なかなか思った通りの結果になりきれない。
そんなことありますよね。

私は,「試験のあとの1週間」の大事さをよく話します。
テスト後は,ちょっとだけ気を緩めたい…。
すごくわかります。
みんなもきっと同じ気持ち。
だから,終わった日にがんばって自習に来てみませんか。
その日は一番差がつけられる日かもしれません。

余談で…
試験前と試験後の勉強量を比べたことありますか。
当然,試験後の方が勉強量は増えるはずです。
だって,試験を受けて,自分の弱点が一番はっきりわかるから。
やるべきことが一番明確になっているのは,試験直後です。
試験後の1週間も3年重ねると数ヶ月分になります。
ここの頑張りの差は思った以上に大きいですよ!

 

2019/12/5

「不器用に勉強する」ことの大切さを授業でよく語ります。
効率よく勉強したい!というのはみんなの願い。
でも,効率良く=手抜きになってしまっているケースを見かけることがあります。
最初は1時間かかっていたものも,不器用に時間をかけて繰り返し勉強する。
そして,それが30分で終わるようになれば「効率良く」なっていませんか?
効率を上げるには,その前提として「量」が必要だと考えています。
「量」の担保があるからこそ,我々が伝える勉強法で「本当に効率良く」学習ができるようになります。
時間がかかること,大変なことにあえて取り組むことで本当の力がつき,効率が良くなるのです。

 

2019/12/2

高2の冬ってめちゃくちゃ大事だと思っています。
1年後の冬は,入試直前です。
何かの教科にじっくり時間をかけて掘り下げたり,苦手科目にトコトン向き合ってみたり…。
そんな勉強ができるのは,高2の冬が最後かもしれません。
高2は,これからはすべてが「高校生活最後」になります。
どれだけ貴重な時間が日々過ぎているのか。
ただただ漠然と過ごしてはもったいない!
決意をもって,この冬トコトン勉強に没頭してみませんか?

 

2019/12/1

いよいよ12月。今年もあと1ヶ月になりましたね。
冬期講習に向けた面談,決意表明も続々と進行中です!!
さて,今回の冬期講習の目玉講座の一つに,「高1英文法」があります。
4日間の講義で,英文法のコアをすべておさえ,1月中を目途に600問の文法問題に取り組んでもらいます。
この600問は,直近の3年間に全国の大学で出題された言わば,「今の入試のトレンド」が詰まっています。
これを仕上げてしまえば,しばらくは文法は大丈夫!!というくらい濃密な600問です。
ぜひ,この機会に「いったん文法を仕上げて」みませんか?

 

2019/11/26

ZUPの魅力のひとつに,国公立から私立まで幅広い講座設定があります。
大学入試が多様化していく中で,これだけのニーズに「ライブ授業」で答えられるのはZUPだけ!
冬期講習まであと3週間。
ライブ授業に加え,ICT系も充実したZUPの講座をその肌で直接感じてみませんか?
12月1日の特待生選抜試験もお待ちしています!!

 

2019/11/25

なぜ勉強するのか?
この冬,生徒たちに語りかけ続ける質問です。
人は,心の底から納得して初めて,行動に移せると思っています。
だから,なぜ勉強するのか,繰り返し繰り返し自問し,納得するまで考えてもらおうと思っています。
そして,必ず「だから勉強するんだ」という瞬間をみなさんと共有しようと思います。

 

2019/11/24

先日,広島大学大学院の湯澤先生の講演会に参加しました。
ワーキングメモリー研究の第一人者で,短い時間ですが,大変参考になるお話でした。
なぜ人は「頭が真っ白になるのか」という話が一番印象に残り,さっそく先生に教えてもらったゲームを授業の最初にしてみました。結果は…やはり真っ白になった生徒多数!
いかに上手に脳を使って勉強するか。
ただただ授業をするだけではなく,そういった小さな仕込みもたくさん紛れ込ませながら,受験生を夢に近づけたい。
その思いを強くしています。

 

2019/11/3

電車で移動中に,単語帳を広げて勉強している学生をよく見かけます。
正直,自分が学生の頃,それで何かが身に付いた記憶がありません。
やっぱり,どんな勉強でも,きちんとした環境でするものではないかと思っています。
電車の中で単語帳を広げ,家に帰るとスマホを眺め。
時間の使い方を逆にすればいいのに…
スマホを止めろは,このご時世難しいですよね。
それなら,時間の使い方を入れ替えてみては?
電車の中なら,親の目も気にしなくていいのに(笑)

 

2019/10/26

私は,「勉強すれば必ず成績は上がる」と思っています。
当たり前と言えば当たり前。
でも,「勉強しても成績が上がらない…」と悩んでいる人がいるのも事実。

それは,「勉強しているのではなく,過ごしているだけ」かもしれません。
テキストは開いている。
計算もしている。
授業は聞いている。
でも,ただ「過ごしている」だけかもしれません。

その日に何をするのか。
なぜそれを今日しているのか。
なぜ,なぜ,なぜ…を繰り返していることで「過ごしている」から「勉強している」に変わることでしょう。

勉強すれば必ず成績は上がります!!

 

2019/10/12

先日,ZUPでは「高3記述力チェック」を実施しました。
結果は現在返却中ですが,いくつかの傾向を書きます。

【高得点を取った生徒の特徴】
基本的な問題でミスがない
→取れるところを減点なしに取りきっています。
逆に,こういうところを取りこぼしている生徒は,結果的に点数が取れるところがない。
まぐれ的な正解があるかないかで点数が上下する。

日頃から地道な学習をしている。
→自分のルーティーンを持っています。
必ず毎日すること,今週中に終わらせなければならないことがはっきりしている。
すごく当たり前のことですが,現役生はこれができる生徒が少ない。

難しいことばかりしていない。
→難しいことをする=勉強,だと思っている生徒が多い。
できなければならないことを確実にできるようにする勉強をしてください。

講師とのコミュニケーションが取れている。
→勉強のこと,生活の悩みなど高校生が当たり前に感じる不安を講師と共有できています。
コミュニケーションを取る=無駄な時間を過ごす,ではありません。
1人で何をしているかわからないまま過ごすより,しっかりコミュニケーションをとってやることを明確しています。

高3のこの時期は,「勉強すればするほどやるべきことが減っていく」のが普通ではないでしょうか。
目の前にあることを確実にできるようにしていけば,そうなるはずです。
それが,模試を受けるたびに「勉強することが増えていく」人がいます。
おそらく,全部の勉強が中途半端なんだと思います。

チェーンの外れた自転車はいくらこいでも前に進みません。むしろ,その場で倒れてしまいます。
でも,ゆっくりでも一歩一歩,確実にこいでいけば前に進みます。
この時期にしてほしい勉強は,前に進む勉強です。

 

PAGETOP