「センス」や「ひらめき」ではない!「必然」で解く

PF_Morning_News_17062016192412468

 

 

 

 

 

 

こんな授業をお届けします
大学入試における数学の解法は、よほどの難問奇問でない限り、すべて基本の積み重ねに過ぎません。
いわゆる「数学的センス」や「ひらめき」は一切必要ないのです。
授業で扱う内容は「基本的」かつ「実戦的」であり、学校の教科書の解法とは異なることもありますが、全国模試や入試問題が当たり前に解けるようになります。
授業(修行)と自学(鍛錬)によって、基本を究めたとき、すべての解法は必然となります。
実際に、全国模試の偏差値が70以上になる受講生が続出しています。

担当講座
【高3】国公立大理系数学Ⅲ・共通テスト数学
【高2】国公立大数学・国公立大数学Ⅲ
【高1】国公立大数学

担当会場
筑後校・行橋校